宇都宮大学附属図書館 アクセス案内 お問い合わせ 宇都宮大学

OPAC 学内蔵書検索

博士論文を入手するには

日本の博士論文は学位が授与された大学および国立国会図書館で所蔵しています。図書館で所蔵している博士論文は、閲覧および一部分(半分まで)の複写は可能ですが、全文の複写には著作権者の許諾が必要になります。

他大学の図書館等が所蔵している博士論文の複写物を入手したい場合は、図書館相互利用サービスで取り寄せることができます。

宇都宮大学の博士論文

平成24年度までの博士論文

宇都宮大学の博士論文は附属図書館本館で所蔵しており、OPACで検索することができます。また、著作権者の許諾を得たものについては宇都宮大学の学術情報リポジトリで全文を公表しています。

平成25年度以降の博士論文

学位規則の改正により、平成25年4月以降に学位授与された博士論文は印刷物の発行を取りやめ、宇都宮大学の学術情報リポジトリで全文を公表しています。

宇都宮大学学術情報リポジトリ 学位論文

国内他大学の博士論文

国立国会図書館の所蔵(平成24年度まで)

国立国会図書館では、帝国図書館から引き継いだ分も含め、大正12(1923)年9月から平成24(2012)年度までの国内博士論文55万人分以上を所蔵しています。国立国会図書館所蔵の博士論文は、国立国会図書館サーチで検索できます。

国立国会図書館サーチ

また、CiNii Dissertations で各大学のリポジトリを含めた日本の博士論文を検索できます。CiNii Dissertations

平成3年から平成12年度までの博士論文

平成3年から平成12年度までに国立国会図書館に送付された博士論文約14万点は電子化されて国立国会図書館デジタルコレクションで公開されています。国立国会図書館デジタルコレクションは、附属図書館のデジタル化資料送信サービス用端末で閲覧・複写できます。

国立国会図書館デジタルコレクション

デジタル化資料送信サービスの利用案内

平成25年度以降の博士論文

学位規則の改正により、平成25年4月以降に学位授与された博士論文は各大学の学術情報リポジトリで全文を公表しています。全国の大学の学術情報リポジトリにある博士論文を利用するには、国立情報学研究所のJAIRO で検索することができます。

国立情報学研究所 JAIRO

また、博士論文公表の電子化にともない、博士論文の要旨の他大学図書館への送付は平成24年度分をもって終了しました。

海外の博士論文

海外の博士論文の入手については、国立国会図書館リサーチナビをご参照ください。

国立国会図書館リサーチナビ 海外博士論文(総論)

Copyright(C) 2016-2017, Utsunomiya University Library